慰謝料の額は


基本的に交通事故に遭った場合、何かしらの損害が出るものです。傷一つ無いと思っていても、事故の直後は興奮して怪我に気づいてないことも多く、よく現れるむち打ち症も、事故を起こしてから数日経ってから発見されることも多いです。そうした後から見つかる被害を見逃してしまうと、加害者が加入している保険会社が提案する示談に応じて、安い慰謝料を受け取りかねないので、必ずこちらも弁護士に相談しましょう。慰謝料の額はプロが見ることで初めて損失を埋められるだけの額になると考えてください。

弁護士が設定する慰謝料の額は、様々な要素を踏まえて設定されます。例えば事故を起こした後に入院したり、長期間通院すれば、入通院慰謝料を請求できますし、交通事故を起こしてから、怪我などが原因で生活に支障が出たら、後遺障害慰謝料を請求できます。このように事故を起こした後に出た様々な損害を元に、適切な慰謝料を導き出してくれるので、弁護士への依頼は絶対に欠かせません。

加害者側の保険会社が示談金の支払いを条件に示談を申し込むこともありますが、この金額は慰謝料の相場を大きく下回っていることがほとんどです。そのため安易に示談に応じてしまうと、その後の損害を自分で肩代わりすることになるので、事故を起こした際は必ず弁護士に相談し、慰謝料の額を確認しましょう。場合によっては訴訟を起こすことも視野に入れて、これからの生活を守ってください。